デジタルサイネージ

デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージ

紙のポスターや掲示板に代わって、駅やお店など、街中でも見かけることが多くなってきたデジタルサイネージ。

電子看板とも呼ばれる、ディスプレイやプロジェクターを使っだ情報発信システムです。

デジタルサイネージは、映像を使ってより多くの情報を手軽に、そしてタイムリーに発信可能。

新しいコミュニケーションツールとして、いま大きな注目を集めています。

デジタルサイネージのメリット

特徴1 映像で
伝達力をアップ

映像は静止画に比べて伝わりやすく、人を惹きつける力があります。動画や音声を活用してお客様の目を引く情報をタイムリーに提供することで、店舗の販促に活かしたり、社内の掲示板に貼るだけでは目に入りにくかった情報を、ぐっと伝わりやすくすることができます。

特徴2 タイムリーな
情報提供

例えば飲食店なら朝はモーニングメニュー、昼はランチメニューとターゲットにあわせてタイムリーなコンテンツを配信できます。また、複数拠点にも、同じ情報をお店ごとに配信できるので、全国の離れた拠点ともリアルタイムに情報共有ができます。

特徴3 配布の手間・
コストの削減

ポスターや看板を活用する場合、大量の印刷や送付、貼り付けや廃棄の作業に手間やコストがかかります。また、配信できる情報も限られます。クラウド型のデジタルサイネージを活用すれば、クラウドに登録したコンテンツが自動配信されるので、配布の手間やコストを削減できます。

特徴3 インバウンド対応

訪日外国人が急増している今、接客や応対でのコミュニケーションのお困りではありませんか?施設やサービスの案内などを多言語で用意し、タッチパネル式ディスプレイを使って表示言語を切り替えることで情報提供。スタッフの負荷軽減にも繋がります。

費用概算
初期費用
43インチモニターの場合
27万円(リースもございます)
クラウドサービス利用料 月額 4,800円

※当社はリコージャパンの正規代理店です

資料請求・お問い合わせはこちら

お電話でのご相談

0120-023-1210120-023-121
営業時間:08:45~18:15 ※土日祝を除く